2017年7月25日火曜日

修士1年の平野さんが公益財団法人尚志社の平成29年度尚志社奨学生に選ばれました。

 修士1年の平野里佳さんが公益財団法人尚志社の平成29年度尚志社奨学生に選ばれました。この奨学金制度は、「社会に役立つように勉学に勤しむ学徒に対し、その学科の如何を問わず、また学業終了後の就職も各自の自由意思に委ねることを前提として返還不要の奨学金を与える」(尚志社 設立趣旨より)ものです。2年前には当時腸内細菌共生機構学講座の修士1年だった谷内さんも尚志社奨学生に選ばれています



採用通知を持つ平野さん


 奨学生の選考は2段階に分かれており、初めに学内選考によって大学の代表が一人選出されます。その後、尚志社での選考が行われ、奨学生が決定します。選考は面接方式で行われ、自身の研究内容だけでなく、将来の進路についても説明したそうです。平野さんは面接の中でも「研究内容について、簡潔に説明する」ことに苦労していたようで、研究室で何度も練習している姿を見かけました。
 奨学生に選ばれた平野さんは「尚志社での面接で、面接官の方が自分の研究を応援して下さったことが励みになった。実際に奨学金を頂けることになって、より研究に専念できる環境ができたので、一層研究を頑張りたい。」と言っていました。
 平野さん、おめでとうございます!

【太田】



2017年7月18日火曜日

特殊健康診断を受けました。

 特殊健康診断を受けてきました。
この健康診断は、特定の有機溶剤を使用している者が受けるもので、1年に2回行われます。検査内容は、検尿や脚気の検査、血液検査等です。

 前田さんは、血液検査に必要な採血の注射が「嫌だ」とおびえていました。
 下の写真は、採血前の緊張している様子の前田さんです。



 半年後にも特殊健康診断を受ける予定なので、前田さんの受難はまだまだ続きそうです。

【平野】

2017年7月10日月曜日

学部4年生の藤澤さんが初めての文献紹介を行いました

 5月30日のブログ記事でも紹介しましたように腸内細菌共生機構学講座では文献紹介ゼミを行っています。先週の木曜日には学部4年生の藤澤友貴さんが「クロストリジウム種の定着が新生児の病原菌への感染抵抗性を増加させる」という論文で初めてとは思えない素晴らしい文献紹介を行いました。

文献紹介を始める藤澤さん

 この文献紹介を聞いて2人の息子さんがいる栗原先生は「うちの子供は1歳くらいの時にどれだけ部屋を綺麗にして気を付けていても気づいたらスリッパの裏や公園の砂をしきりに口に入れたがっていた。それはもしかしたら外部から細菌を取り込もうとしていたのかもしれない」と語っていました。

【前田】


2017年7月4日火曜日

ゴードン会議2017(ポリアミン)が終了しました

 先週に引き続き、今週もゴードン会議についてお伝えします。
 6月25日から30日まではGordon Research Conference(GRC)が行われました。期間中は

①朝食
②午前のセッション
③昼食・自由時間
④ポスター発表
⑤夕食
⑥夜のセッション

という予定で行われていました。夜のセッションの後は毎日バーでお酒を飲みながらディスカッションをしました。(ゴードン会議は非公開の学会なので、セッションの写真などは撮ることが出来ません。)

 昼食後の自由時間にはウォータービルバレー内のアクティビティーを楽しむことができました。私は27日にカヌーを、28日にサイクリングを体験しました。サイクリングはリフトを使って山の上に登り、マウンテンバイクで山道を下りました。私はマウンテンバイクも初体験でしたが、山の中を駆け降りる感覚はとても気持ちが良かったです。


カヌーを体験する様子



 28日、29日にはポスター発表を行いました。GRSから人数が倍増したGRCのポスター発表会場は賑わっており、私の発表時間中も多くの先生に足を止めて頂きました。多くの質問やアドバイスを頂き、今後の研究のモチベーションになりました。

ポスターについてテキサス大学のAnthony J Michael先生に説明する様子


 29日の夕食は会場を移動して、ロブスターを食べました。本格的なロブスターは初めてだったので、苦戦しながら食べました。

GRC最後の夕食で提供されたロブスター


 30日の朝食をもってGRCは終了しました。学会終了後はウォータービルバレーからボストンまでバスで3時間かけて移動し、その日は日本に帰れないので後泊をして、日本の先生方とボストンを観光しました。ハーバード大学自然史博物館やハーバード・ヤードを散策し、アメリカを楽しみました。

ボストンでの観光の様子


 初めて自力で海外に出向き、初めて学会に参加することで、今までにしたことのない経験が出来ました。ポリアミンに関する研究の「今」を知り、自分の研究を振り返ることで、自分の今後の研究と人生を深く考える良い機会になりました。

【太田】



2017年6月27日火曜日

ゴードン会議2017(ポリアミン)に参加しています

 私は現在、アメリカのニューハンプシャー州のウォータービルバレーで開催されているゴードン会議(Gordon Research Conference and Seminar on Polyamine)に出席しています。

 今回のゴードン会議は私にとって初めての海外、初めての学会です。今週はゴードン会議が始まるまでと、Gordon Research Seminarについてお伝えします。

 6月23日に小松空港、羽田空港、成田空港、シカゴのオヘア空港を経由してボストンのローガン空港に行きました。
 シカゴ行きの飛行機は11時間のフライトでしたが、私は6時間程経過したところで疲れ切ってしまいました。次に、シカゴからボストンに行くために乗り継ぎを行いましたが、飛行機の離陸が遅延したり、ホテルへの道で迷ったりしたため、ホテルに着くころには日付が変わっていました。私が経験した中で、物理的にも精神的にも最も長い一日でした。


シカゴのオヘア空港の様子と買い物
アメリカンな飲み物とお菓子を買いました。箱に入っているものは、
タコスの具材をパンにはさんで焼いた料理で、サルサソースを付けて食べました

 6月24日の朝、私はホテルを移動し、ゴードン会議の会場であるウォータービルバレーに向かうバスに乗り込みました。会場は山に囲まれており、素晴らしい景色でした。気温は石川より低く、半袖のTシャツでは肌寒く感じました。


学会会場の様子
学会会場のウォータービルバレーは、ボストンからクルマで2時間余りの山の中にあるリゾートで、
宿泊施設のほかサイクリング、カヌー、スキーなどのアクティビティーも充実した施設です。



 24日と25日の前半はGordon Research Seminar(GRS)が開催されました。GRSには主に若手研究者が集い、研究についてディスカッションを行います。口頭発表とポスター発表が行われ、私と近い年代の研究社者の研究内容を知ることが出来ました。

 私は25日にポスター発表を行いました。多くの方に足を止めて頂き、自分の研究内容を説明しました。英語での説明は思っていたよりも難しく、苦戦しました。質問は何度も聞き返したり、質問の仕方を変えてもらったりして、何とか納得してもらえるような回答が出来ました。
 自分自身の研究を専門家に伝えて、「いい方法だ」「この方法を使いたいんだけど、論文は出てる?」と言ってもらうことができる体験は初めてで、自分の研究に自信が持てました。一方で、 改善点に多く気づき、今後の研究に生かせる部分もたくさん見つかりました。

 25日の午後からはGordon Research Conference(GRC)が開催され、より多くの研究者がウォータービルバレーに集まっています。栗原先生もGRCから参加し、初日の夜から先生方とビールやワインを飲みながらディスカッションをしました。


栗原先生の留学時代のボスのトニー先生と


ポスター発表で知り合い、栗原先生とも面識があった
NICRD(国立歯科・頭蓋顔面研究所)のAjeetさん

 来週もゴードン会議についてお伝えします。残りの数日も様々な研究に触れ、研究者と交流し、よい経験をしたいと思います!
【太田】

2017年6月20日火曜日

進捗報告会を行いました

 今日は進捗報告会の日でした。
 腸内細菌共生機構学講座では、二週間に一度、研究についてディスカッションをする進捗報告会を行っています。

 私達の講座では、進捗報告会や以前紹介した文献紹介セミナーを昼食を食べながら行っています。この時のお弁当を学校近くの弁当屋に注文しています。


弁当屋のメニュー表



 各々、好きなお弁当を注文するのですが、メニューの種類が豊富なので、いつも迷ってしまいます。
 チャーハンが好きな私のおすすめは、チャーハンセットです。
 四年生の藤澤さんは、何時も頑なに唐揚げ弁当しか注文しません。藤澤さんにはぜひチャーハンセットにも挑戦して欲しいと思います。

 お弁当について書いていたらお腹がすいてきました。
 今週は木曜日に前田さんの文献紹介セミナーを予定しているので、その時のお弁当を今から悩んでおこうと思います。【平野】

2017年6月13日火曜日

修士1年生の太田宏一さんがアメリカのニューハンプシャー州で行われるGordon Research Conferenceへの参加準備を行っています

 修士1年生の太田宏一さんが2017年6月24日から30日の1週間にわたってアメリカのニューハンプシャー州で開催される「Gordon Research Conference(ゴードン会議)」に参加するための準備を行っています。太田さんは
「Development of a novel simple method for the determination of putrescine concentration in biological samples.
(生体試料中のプトレシン濃度測定のための新規簡便法の開発)」
という演題でポスター発表をすることが予定されています。

 太田さんは今回のゴードン会議が初学会参加であり、初海外進出ということで「まずは無事に会場に到着できるかどうかが心配だ。」と語っていました。
 また、「学会を通して多くのことを学べると思うと楽しみだ。」とも語っており、私も太田さんのお土産話を聞けることを楽しみにしています。【前田】