2018年3月22日木曜日

学部4年生の藤澤さんが卒業し、修士2年生の河田さんが修士課程を修了しました。

 2018年3月22日(祝)に、卒業式が行われました。
 腸内細菌共生機構学からは4年生の藤澤さんが卒業し、また、食品科学専攻・小栁喬先生の研究室から実験をしに来ている河田さんが修了されました。


卒業式会場にて


 環境科学科で成績優秀者だった藤澤さんは、後援会からの卒業記念品授与で、目録を受け取る役を下の写真のように、つつがなく務めました。





動画バージョン

 藤澤さん、河田さんはいずれも素晴らしい研究成果を挙げて卒業されます。早く論文にまとめようと思います。
 お疲れ様でした。次の場所でも頑張ってください!
【栗原】

2018年2月27日火曜日

研究員の杉山さんと4年生の藤澤さんの送別会を行いました

 2018年2月21日に4年生の藤澤さんと研究員の杉山さんの送別会を「しま崎」で行いました。



研究室メンバーでの集合写真


 藤澤さんは昨年の4月から約1年間腸内細菌共生機構学講座で研究を行っており、2月19日には堂々とした態度で卒業論文発表会を行いました。現在は卒業論文の本提出に向けて修正を行っています。卒業後は東京大学の大学院に進学をします。
 杉山さんは腸内細菌共生機構学講座が設立された2か月後から着任されており、約4年間本研究室で研究を行い、本研究室在籍中に数多くの論文を書き上げています。また、私が実験や機器の扱いで困った際には何度もお世話になりました。4月からは京都大学で研究を続けられます。

 研究室からお二人がいなくなってしまうのはとても寂しいのですが、新しい環境での今後のご活躍を心より願っております。

【前田】

2018年2月20日火曜日

藤澤君が卒論発表を終えました。

 本日、藤澤君が卒業論文の発表を行いました。藤澤君は朝9時15分からの発表で、私たちも藤澤君の発表を聞きに行きました。
 藤澤君は1月に「日本ポリアミン学会 第9回年会」で口頭発表を行っていたため、本番の発表は練習と同じく堂々としており、先生方からの質問に対しても正確に答えられていました。

 発表を終えて疲れきった藤澤君に発表の乾燥を聞くと、「無事に発表が終わって一安心しました。ポリアミン学会で一度口頭発表を経験していたため、緊張せずに発表できました。」と答えてくれました。



卒論発表を終え、疲れ切った藤澤君


 藤澤君、卒論発表お疲れ様でした!

2018年2月13日火曜日

腸内細菌共生機構学講座の研究成果をまとめた論文が"BBB論文賞"を受賞しました

 昨年に腸内細菌共生機構学講座から出された論文、「Use of Gifu Anaerobic Medium for culturing 32 dominant species of human gut microbes and its evaluation based on short-chain fatty acids fermentation profiles」がBBB論文賞を受賞しました。

 BBB賞は、日本農芸化学会ホームページによると、「日本農芸化学会英文誌Bioscience, Biotechnology, and Biochemistryに掲載されたRegular Paper, Communicationより毎年優秀な論文に授与」されるとのことです。

 この論文は、2016年度の修士卒業生の奈良未沙希さんが行った実験を、研究員として在籍していた後藤愛那さんがまとめたものです。内容は実際に私達のお腹の中に沢山いる腸内細菌32種を共通の培地で一斉に培養できることを詳細に示したというもので、腸内常在菌の培養を介した研究の進展の一助になるのではないかと思っています。

 本講座では、これまでの論文をドアに掲示しているのですが、


ドアに掲示してある腸内細菌共生機構学寄附講座で主導した論文


 この論文も、写真のようにばっちり飾られています。


BBB論文賞を受賞した論文


おめでとうございます!

【平野】

2018年2月7日水曜日

大雪になりました。

 私は今年で石川に来てからの6年間で一番の大雪を経験しています。
 私が石川県に引っ越してきてからは毎年15 cm~20 cm程積もれば「今年も降ったね」という会話をしていたのですが、今朝の時点で積雪が膝よりも高く50 cm以上積もっていました。私たちの研究室があるi-BIRDの建物の前は駐車場になっているのですが、除雪が追い付いていないらしく、朝から施設の方が除雪をしてくださったおかげでなんとか人が通れるとった状態でした。

i-BIRDの建物前の駐車場の様子


 また10月31日のブログで紅葉の様子を紹介した生物資源工学研究所の中庭も、積もった雪が枝につくのではという状態です。

生物資源工学研究所の中庭の様子


 
 降り始めた頃は「雪だ!」と私もはしゃいでいたのですが今は地面のアスファルトが恋しくなっています。ただその願いもむなしく、降雪は8日まで続くという予報なのでいったいどこまで積もるのか心配です。
【前田】

※あまり大雪感が伝わらないので、栗原の家の駐車場のクルマの埋もれている写真を掲載します。(栗原)

東京出張から帰ってきたら駐車場で埋もれ果てていた栗原のクルマ


2018年1月30日火曜日

大学院の講義のレポートを書いています。

 早いもので1月も下旬となりました。学部4年生や修士2年生は卒論・修論に忙しく、学部1~3年生は単位取得のため、レポートやテスト勉強に忙しい時期です。
修士1年の私もレポートの作成をしています。特に阪中先生が担当する「腸内細菌共生機構学特論」は腸内細菌に関する様々な論文について触れてきた講義で、毎回とても興味深いお話を聞くことができました。
 レポートの課題は、講義の中で紹介された研究の中から「印象に残った点」や「課題点」、「その研究をより発展させるために、自分であったら今後どのような研究を行いたいか」を記述するもので、学部の頃よりも研究に積極的に興味を持ち、考える力を必要とします。私は自分の知らない研究について知ったり、考えたりすることが好きなので、このようなレポート課題は書いていて非常に楽しいです。

レポート作成をする私(太田)

 このレポートを提出することで後期の講義がひと段落します。今後は卒論・修論発表の練習や農芸化学会の準備が待っていますが、並行して研究も頑張りたいと思います!

2018年1月23日火曜日

助教の阪中先生と4年生の藤澤さんが「日本ポリアミン学会 第9回年会」において、口頭発表を行いました

 「日本ポリアミン学会 第9回年会」が関西学院大学にて2018年1月19日~20日の2日間にわたって開催されました。
この会で、腸内細菌共生機構学講座からも助教の阪中幹祥先生と4年生の藤澤友貴さんが口頭発表を行いました。

 阪中先生の発表演題は
「マーカーレス遺伝子欠損を利用したヒト腸内細菌Bacteroides doreiのアルギニンデカルボキシラーゼ遺伝子の機能解析」、
藤澤さんの発表演題は
「ヒト腸内細菌Bacteroides thetaiotaomicronのスペルミジン生合成経路の遺伝学・生化学的解析」
でした。

 阪中先生は、先日「FEMS Microbiology Letters」にアクセプトされた論文「Functional analysis of arginine decarboxylase gene speA of Bacteroides dorei by markerless gene deletion」の内容から発表されました。


 藤澤さんは学外での口頭発表が初めてということもあり、念入りに練習をしてから臨んでいました。


発表練習に励む藤澤さん



 藤澤さんは、緊張を感じながらも、達成感のある発表が出来たようです。今後も口頭発表の場が増えていくことと思いますので、この調子で頑張って欲しいですですね!

 阪中先生も藤澤さんも、会場のある「関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス」の美しさと素晴らしさに驚いたとのことです。


関西学院大学にある素敵な建物


 学会会場の「関西学院会館」は、結婚式場として使われることもあり、学会翌日にも結婚式の予定があるとのことでした。

【平野】