2016年8月23日火曜日

京都大学大学院農学研究科 応用微生物学講座 発酵生理及び醸造学研究室の方々が共同研究に来られました。

 82日から4日に京都大学大学院農学研究科 応用微生物学講座 発酵生理及び醸造学研究室の岸野重信先生、修士2年の渡邊寛子さん、修士1年の森川拓磨さんが共同実験をするために腸内細菌共生機構学研究室に来られました。


発酵生理及び醸造学研究室の方々はさまざまな種類の培地が入った21枚の96穴プレートに65種類の腸内細菌を培養し、生育の度合い(濁度)を測定しました。21枚分のプレートでそのような操作を行うことはもちろん大変ですが、さらに今回の実験では、固体を含む液体培地を使用していたため、通常私が使用する液体のみの培地に比べプレートへの分注作業に苦戦したようでした。


実験方法についてメモを取る渡邊さん。
 
 発酵生理及び醸造学研究室の学生のお二人は今まで96穴プレートやマルチチャンネルピペットマンを用いた実験をしたことがありませんでした。実験後に渡邊さんは、「もっとしっかりとイメージトレーニングを行ってから実験すれば効率よく作業できたかもしれない。」
森川さんは「一度に複数の穴への培地の分注や濁度測定を可能にするマルチチャンネルピペットマンや96穴プレートなどを用いても、21枚のプレートを用いた実験は大変だった。でも今回の実験を通してそれらの器具の使用方法を学べて良かった。」と話していました。


嫌気チャンバー内で実験をしている森川さん。


 また、83日の夜には、「和食処 山ごぼうに行き、懇親会を行いました。「山ごぼう」では石川県のお酒や郷土料理を楽しむことができました。その中でも特に岸野先生は日本酒「手取川」をお気に召したようでした。


話が盛り上がり、終始笑いの絶えない懇親会になりました。



 発酵生理及び醸造学研究室の方々、3日間お疲れ様でした。

2016年8月16日火曜日

学部4年の平野さんと前田君が平成29年度の石川県立大学大学院修士課程の推薦入試を受験し、見事合格しました。

 学部4年生の平野さんと前田君が石川県立大学大学院修士課程の推薦入試を受験しました。この大学院推薦入試は一般の入試よりも約1か月早く行われます。
 
 7月30日(土)には試験科目の一つの「個人面接」が行われ、2人はそれぞれの研究内容を説明し、面接官(応用生命科学専攻の先生方)からの質問に答えました。同じ研究室以外の人に研究内容を説明することは2人にとって初めての経験でした。そのため面接の前日も、研究室の先生や研究員、学生を相手に何度も練習をして、「相手に分かりやすく説明する力」を身につけていました。

 面接後の平野さんの感想は「面接練習では、自分が思っていることを伝えることに苦戦したが、本番では、相手に伝わっているか確認するために面接官の表情を伺いながら、話すことができたので良かった。」、前田君の感想は「面接前はかなり緊張したが、面接官の笑顔を見たら緊張がほぐれた。暗記した内容を棒読みで話すのではなく、抑揚をつけて話すことができた。」でした。
 2人とも良い発表ができたと満足していましたが、改善点も見つけたらしく、平野さんの改善点は「質問に対する的確な答えをすること」、前田君の改善点は「研究内容に関する知識を身につけること」でした。



面接後の平野さん(左)と前田君(右)。
面接後なので緊張がほぐれ、2人とも晴れやかな表情です。









 8月12日に推薦入試の結果発表があり、2人とも推薦入試に合格していることが分かりました。2人ともおめでとうございます!



合格者の受験番号が表示された掲示板の前での写真。
自分の受験番号を見つけて2人とも安堵していました。
推薦入試合格者4名中2名が私たちの研究室のメンバーです。




 今後も卒業研究の発表など、研究内容を他分野の研究をしている方に発表する機会はたくさんあります。その時にはより納得できる発表ができるよう、2人とも頑張ってください。

2016年8月9日火曜日

石川県で最も標高が高い山「白山」に登りました。

 今回から来年の3月まで再び私・奈良がブログの更新を行います。

 2016年8月6日に「白山」に登りました。白山は石川県と岐阜県、富山県、福井県の4県にまたがる山で、富士山、立山と並んで「日本三名山」に選ばれるほどの有名な山です。

 山の中腹にある駐車場から登山道入り口までバスで行き、入り口から頂上(標高2702 m)までの道のり約13 kmを歩きました。私は週に3回以上のランニングを5年間続けていて、白山よりも標高が高い富士山に3回登ったことがあるので、白山は簡単に登れるだろうと思っていました。しかし白山の登山道は富士山の登山道に比べて急坂が多く、岩が沢山転がっている歩きにくい道ばかりでした。そのため私は登山開始から20分も経たないうちに息切れをしてしまい、富士山登山の時よりも辛い思いをしながら登りました。しかし周りのきれいな景色を見て癒されながら、



当日は天気が良く、遠くまで緑が広がっている光景を見ることができました。





3時間半かけて頂上まで登り切りました!






標高2702 m地点に立つ私。疲れすぎて引きつった笑いしかできませんでした。


頂上からは、火口跡と考えられている「神秘の湖」を見下ろすこともできました。



神秘の湖。3年前(下の写真)に比べて小さくなり、数も減っていたということで、残念でした。
3年前に友人が同じ場所から撮影した神秘の湖。


 駐車場まで行く最終便のバスに乗り遅れる恐れがあったので、復路は走って下山しました。そのため次の日は腰から足まで筋肉痛になりました。

 来年3月には大学院を卒業し、石川県を離れることになるので、その前に白山を登ることができて良かったです。

2016年6月7日火曜日

今年度もポケットゼミを行います。

 例年行っているポケットゼミ「新規シンビオジェニック因子および新規腸内細菌の探索」ですが、今年も9月中旬に行います。

9月13日(火) 9:30-17:30    培地の作成、植菌
9月14日(水) 9:30-12:30    塗布プレートのコロニー観察・コロニー数定量、菌の画線
9月15日(木) 9:30-17:30    菌の培養(ストック用)、gDNA簡易抽出、16S rDNA増幅PCR
9月16日(金) 9:30-15:30    PCR産物のゲル抽出、シーケンス用PCR
9月20日(火) 9:30-17:30    シーケンス産物生成、シーケンス、BLAST検索

が、主な実験の日程です。

 このほかに、レポート提出・研究結果の発表会を予定しています。


 このポケットゼミでは、培地を工夫して新しい菌を取ってくることを目的に実験を行います。
 これまでに、
「白子入りの培地で乳児糞便中の腸内細菌を分離・同定する」
「海藻入りの培地で乳児糞便中の腸内細菌を分離・同定する」
「犬糞便入りの培地で犬糞便中の腸内細菌を分離・同定する」
「兼六イモ入りの培地で兼六イモを食べさせた犬の糞便中の腸内細菌を分離・同定する」
という実験を行いました。

 実験のデザインはポケットゼミ受講者が決めます。
 今年はどのようなアイデアが出てくるか楽しみです。

 受講希望者は、kuri711@ishikawa-pu.ac.jpまでメールしてください。

2016年5月31日火曜日

2016年5月21日 応用微生物学研究室と合同バーベキューを行いました。

 今年も応用微生物学研究室・腸内細菌共生機構学合同バーベキューを行いました。各研究室のメンバーとそのご家族を合わせて30人以上の方が参加されました。
 
 当日は爽やかな快晴で風も少なく、絶好のバーベキュー日和でした。

 今年度のバーベキューの幹事は私・白石と、応用微生物工学研究室の高柿くんが務めさせていただきました。幹事のお仕事は大変でしたが、先生方のお力添えや周囲の手助けのお陰でバーベキューを成功に導くことができました。


相撲をとる栗原先生と太田君


 今年度は各研究室で合計7人もの4年生を迎え、例年にも増して賑やかなバーベキューとなりました。

集合写真。去年より学生の人数が多いです。

  バーベキューの準備や当日のお手伝いしてくださった研究室メンバーの方々には大変感謝しています。ありがとうございました!


2016年5月25日水曜日

2016年5月16日(月)に第6回腸内細菌共生機構学特別セミナー「腸内細菌制御へ向けた様々なアプローチ」を行いました。

 5月16日(月)に第6回腸内細菌共生機構学特別セミナー「腸内細菌制御へ向けた様々なアプローチ」を行いました。
 今回のセミナーでは、国立遺伝子研究所の吉見一人先生と、新潟大学の奥田修二郎先生、中井博之先生に講演していただきました。

吉見一人先生には「ゲノム編集技術をもちいてマウス・ラットのゲノムを操作する」という演題で、


講演される吉見先生





奥田修二郎先生には「腸内細菌叢解析のためのバイオインフォマティクス」という演題で、


講演される奥田先生と聴衆の皆さん。






中井先生には「機能性オリゴ糖の創出」という演題で、それぞれご講演いただきました。


講演される中井先生






 セミナー後には、「味楽 ゆめり」で懇親会を行いました。新幹線開業効果もあり、もともと予約が取りづらかった「ゆめり」もさらに予約が取りにくくなっていまして、人数が限定されてしまったせいで、学生の参加者は関連するテーマをやっている平野さんだけでした。平野さんは沢山の先生のお話を聞いて大変刺激になったようです。

懇親会後の写真





 吉見先生、奥田先生、中井先生、素晴らしいご講演をありがとうございました!

2016年5月17日火曜日

今年度初めての文献紹介セミナー

 腸内細菌共生機構学寄附講座では、研究室メンバーによる文献紹介セミナーを隔週で実施しています。
 文献紹介セミナーでは、腸内細菌に関する論文を読み、その内容を他の研究室メンバーに紹介します。元の論文はもちろん英語で書かれている上に、その内容を自分でまとめて分かりやすく発表しなければならないため、英語力とプレゼン力を磨くことができます。また、論文の専門的な内容を理解するために、自分の研究内容に直接関係しないことについても勉強する必要があることも多いです。
 5月9日には今年度初めての文献紹介セミナーが行われ、ポスドクの阪中さんが発表を行いました。
阪中さんが紹介した文献は、『ミルクオリゴ糖の、発育不良乳児の成長への腸内細菌依存的な影響』でした。この文献で、ウシミルクオリゴ糖を発育不良の乳児に与えると体重が増加しますが、体重の増加には腸内細菌が不可欠であること知ることができました。

 研究室メンバーとして初めて文献紹介セミナーに参加した平野さんに感想を聞いたところ、「自分の文献紹介の時に発表の内容がちゃんと伝わるよう、しっかり準備をしておきたい」とやる気を高めていました。
 今年度は前年度より学生の人数が多いため、文献紹介のセミナーの回数も多くなっています。今後もより多くの論文に触れ、腸内細菌への多角的な知見を持つことで研究に役立てていきたいです。